中学受験 特訓授業(小5・6)

中学受験 特訓授業

従来からジェイの小学部では、中堅の私立中学入試に対応できる教材を用いて授業を行ってきましたが、県立大附属中や東洋大学附属姫路中・賢明女子学院中などの私立中学を受験される方も一定数おられ、保護者の皆様からも中学受験に対応する講座の開講を希望する声をいただいておりました。時代の変化と共に進路の多様化が進む中、日々の努力で到達できる範囲の中学受験をサポートするための講座として、2021年4月より「中学受験 特訓授業」を開講しております。

「中学受験特訓授業」では、一部単元の前倒し学習を含め、中学入試問題を解くための肝をわかりやすく授業でお伝えします。また、2022年度からは月3回実施とし、今以上にしっかりと発展内容の講義や入試問題演習に取り組みます。「中学受験特訓授業」の受講をご希望の方は、各校で行う「本科授業」(従来、ジェイ各校で行っている授業)に加えて、「中学受験特訓授業」を追加で受講してください。

2022年度 中学受験 特訓授業 指導方針

小学5年
実際の入試問題の演習と問題解説を中心に行います。単元の新規導入は各校での本科授業で行いますが、特訓授業では本科授業で学習した内容の発展的な問題にチャンレンジしていきます。小5の間に難度の高い問題に慣れ、受験学年に備えます。

算数特訓 2年後の受験を考えて、大きく飛躍するための基礎固めをする学年です。まず、整数の四則計算で学んだ考え方を拡張し、小数や分数まで広げて数の世界をより深く学びます。そして、問題文にある情報をより見やすくまとめるために線分図や面積図を活用し、割合や速さの文章題などを視覚化することをめざします。さらに、三角形や四角形などの角度や面積を求めることを通じて、図形を見る目を養っていきます。
国語特訓 小5の授業の中心は、これまでに培ってきた読解の方法・道具を確認しながら、抽象度の高い文章の中でどこまで使いこなせるかを見ていきます。そして、種々のテーマごとの主題の読み取り方の「型」を固めていくこと、かつ主題ごとの概念整理(例えば、「〇〇については、△△が問題である」といった定義文)を行うことができることを目標とします。基本的な入試レベルの問題を多量に読み込み、制限時間内に文章が読め、かつ設問に適切に時間内に答えられるようになることが主眼となります。合わせて、読解の土台となる語彙の習得にも力を入れます。
小学6年
1学期の間は、新出単元の応用力向上が主な目的になります。各校での本科授業で基本単元を学んだうえで、特訓授業ではそれらの既習単元についての問題演習と解説授業を中心に行います。夏期講習会では、来るべき入試に備えるために、各中学校で出題された入試問題の演習に入ります。2学期以降は、志望校レベル別に演習を行い、入試直前までサポートしていきます。

算数特訓 受験を見据え、実践力を高めていく学年です。まず分数などの四則計算を完成させた後、数量を抽象化できる比を学習し、様々な問題に応用していきます。特に、今までに学んだ線分図や面積図を用いる文章題を比の考え方で解くことを通じて、より早く正確に解き終えるように鍛え上げます。さらに、立体に関する問題を解く際に、視点を変えて面を見直す考え方など、状況に応じて様々な考え方を使いこなすことをめざします。
国語特訓 実際の入試問題レベルの文章と、一定難度の高い多岐にわたるジャンルを多量に読破していきます。実際の入試では、「論理的」な文章の読解と解答の「記述力」がカギとなります。そのため、各設問に対して論理的かつ簡潔に記述できるようにするための訓練を行っていきます。また、漢字検定3級レベル程度までの語彙の習得を図り、習得した語彙を前提に、制限時間内にポイントを押さえ、答えを書ける(あるいは選択できる)ノウハウを伝授します。また、抽象的なテーマに対しても読み解くことができるレベルまでの、解法テクニックの習得に努めます。
理科特訓 入試を乗り切るためには「知識」を吸収すること、その「知識」をもとに考える力が必要となります。「単なる知識」を示すだけではなく、「なぜそうなるのか」の説明まで行い、繰り返しの練習で「正確な知識」と「思考力」を養成していきます。また、電流、水溶液、音や光の性質、大地の変化などの学習を通して、「情報を読み取り、それを利用する」ことをめざします未習である小6主要単元を平常授業で学習したうえで、夏期講習会から小学校全単元の総まとめと入試レベルの問題演習を繰り返し行い、「図を見ただけで問題が読める」レベルに引き上げていきます。
社会特訓 兵庫県の中学受験で出題される地理・歴史・公民分野について、演習を中心に知識の完成をめざします。1学期は小5で学習した「日本の地理」を中心に扱い、2学期以降は「日本の政治」「日本の歴史」を中心に進めていきます。中学入試では、統計資料を扱った問題も出題されるため、資料の読解に必要な技能も養成していきます。


※「本科授業」内容の確認はこちらをご参照ください。


2022年度 中学受験特訓授業 実施要領

対象学年 小5・小6
対象生 本科授業を受講している小5・6生で、
・兵庫県立大附属中学、東洋大附属姫路中学、賢明女子学院中学、姫路女学院中学への進学をお考えの方
・地域の公立中学に進学をお考えで、難問にチャレンジされたい方
開講科目 (小5)算数特訓・国語特訓
(小6)算数特訓・国語特訓・理科特訓・社会特訓
日程・会場 月3回・土曜日*[1科目65分]

[3月]5日・12日・20日*
[4月]9日・16日・23日
[5月]7日・21日・28日
[6月]4日・11日・18日
[7月]2日・11日・18日
*一部、日曜日に実施の回もあります。
※日程を変更する場合があります。2学期以降の日程は、後日ご案内します。
時間帯 大手前会場
(小5)10:10~12:25 (小6)9:00~13:50*
西飾磨会場
(小5)14:50~17:05 (小6)13:30~18:15

*小6生の時間帯は4科目受講の場合の時間です。大手前校で受講の小6生は軽食をご用意ください。
実施会場 【対面授業】と【Web授業】を選択して受講いただけます。

≪対面授業をご希望の方≫
大手前校・西飾磨校
※専用の時間帯を運行する通塾バスはありません。

≪Web授業をご希望の方≫
Web授業での受講も可能です。
※Web会議システム「Zoom」を利用して、双方向の授業を実施します。
ネットワーク環境があればすぐにご利用いただくことが可能です。
初めて受講される方へは、受講方法を別途ご案内いたします。
受講料(税込) 特訓授業 1科目2,000円/月
※本科授業の併習が必要です。
※受講の際には、別途、教材費・設備費(2,000円/月)・公開テスト代が必要です。
申込方法 次のいずれかでお申込みください。体験をご希望の方はお気軽にお申出ください。

1.本部事務局(0120-5519-18)へ電話にてお申込み
2.こちらの画面からお申込み


TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TOP