ジェイの12のポイント

 

授業の特長

Point1難関大学合格からの「逆算カリキュラム」

小・中・高12年間の学校教科書と入試問題に精通した各教科専門の開発スタッフが、各学年の到達ポイントを掌握し効率的な指導を実現します。新指導要領も完全網羅してムリ・ムラ・ムダなく指導します。 

Point2高信頼・高水準テキスト『プログレス・体系数学・論理エンジン』を使用

公立トップ高のトップを走れる学力を養うため、小学生のうちに完全に基礎を固め、学校内容を超える学習にも対応できる学力を養成します。ものごとを筋道立てて考える力をつけるため、あらゆる科目の根幹を成す国語では『論理エンジン』をメインテキストとして導入。中学生では難関私立中高一貫でも採用されている教科書『プログレス』(英語)と『体系数学』(数学)を使用し、密度の高い授業を行っています。 

Point318年にわたる合格実績で証明。学習システムの司令塔「学習の計画と記録」

授業ごとの獲得目標は何か、そのためにどのような指導をしていくかをお知らせする『学習の計画と記録』がジェイと家庭での学習指針となります。到達度別に学習内容の深さを変えることで、最大限伸ばせるところまで伸ばす指導を実現しています。また、確認テストの点数や授業の日付を記録する欄も設け、学習の軌跡が確認できるようになっています。 

Point4システムやプリント以上に大切な、気迫のこもった「授業」

生徒一人ひとりに生身で向き合う血の通った授業こそ、勉強だけではなく、毎日の勉強や受験に必要なこと、日々の生活で大切なこと、社会に出てから求められることなど、生のメッセージを本気で伝えることができるのだとジェイは考えます。システムやプリント学習では見えない、お子様の本当のやる気や不安、努力を見守っています。

Point5自宅学習の要、精魂込めた「授業ノート」づくり

講師は生徒たちに板書と同じ色ペンを用いてノートに記録することを指導します。一定のルールに従って色分けし、概念導入から解答まで思考過程も詳細に板書することにより、家庭学習時に授業で学習したことを再現できる、オリジナルの参考書を作り上げます。

Point6授業の定着を図る「基礎学習補強ツール」

各教科の土台となる計算力や漢字・知識の定着を図る『基礎力トレーニング』、日々の継続的な家庭学習をサポートする『くせづけ教材』など、毎回・毎日の積み重ねを講師が確認します。 

Point7授業の定着を見届ける完成された「テスト体系」

『公開実力判定テスト』では、全国レベルで見た到達度を確認する「全国テスト」と、塾内の実力を確認する「オリジナルテスト」を毎月交互に実施。毎授業時に前回の授業と宿題範囲の理解度を見る『確認テスト』や、講習会時の定着を図る『成果判定テスト』、受験生の志望校合格判定や合格のためのアドバイスを行う『入試予想模試』など、学習のペースメーカーとなるテストを要所要所で実施し、生徒一人ひとりの克服ポイントを洗い出します。

Point8弱点を見逃さない「リカバリー授業」

テストのやり直し授業を実施し、苦手部分を自覚・克服する場を設けています。テスト結果には、単純ミスなのか、概念の理解が不足しているのかなど、固有の克服ポイントが凝縮されていますので、効率よく重要単元の復習と定着を進めていけるよう指導します。



保護者様へのご報告

Point9「月例授業報告」や塾内教育情報誌「ジェイメール」を毎月お届け

授業の出席状況や確認テストなどの得点をお知らせする『月例授業報告』に加え、指導要領の改訂や高校・大学情報など幅広く教育についての最新情報をお伝えする『ジェイメール』を発行しています。 

Point10最新情報を提供するジェイ恒例の説明会

春の入試結果を報告する『入試報告会』や、入試の最新情報と来春入試予想、時期ごとの注意点についてお知らせする『進学説明会』、進級にあたり、学習目標や準備方法をアドバイスする『進級説明会』、姫路東高推薦入試の概要を詳細にご説明する『東高推薦説明会』、公立高や私立高の先生方をお招きして直接高校についてご説明いただく『私立高校説明会』など、様々な情報をお伝えしています。また、高校入学を控えた新高1生対象の『高校別オリエンテーション』も開催しています。 

Point11お子様の学習成果と今度の指導方針をお伝えする「定例保護者懇談会」

お子様の塾での様子をご報告するとともに、ご家庭での様子も確認します。志望校合格までの道のりをご説明しながら、長期目標と短期目標の2軸で指導方針をお知らせします。豊富なデータ群による精度の高い進路指導と経験に裏打ちされた的確な学習指導で確実に志望校合格へ導きます。



講師の特長

Point12責任のある社会人講師が授業を担当

専門スタッフ主催の勉強会を毎週行い、日々の授業を地域性も考慮したより効果的なものとするため、講師自身も勉強し続けています。
講師は全員、有名大学を突破した入試のエキスパートです。

 

TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TOP