高校合格体験記

2018年春 高校合格体験記

  • 姫路西高 国際理学科合格 N・H君

     僕は、中1からジェイに通い始めました。ジェイの授業はとても分かりやすく、まじめに授業を受けることで、入試に向けてしっかり実力をつけることができました。ジェイの「夏合宿」では、成績で座席の順番が指定されていたので、自分がめざすべき位置がよく分かり、また席の近いライバルと勉強していることが刺激になり、さらにモチベーションを高めることができました。「志望校別特訓」でも、合宿と同じく成績順に座るので、同じ志望校をめざす仲間に囲まれながら、緊張感を持って勉強することができました。また、3学期に入ると、入試本番と同じ形式で受験する「公立入試予想模試」が2回実施されます。その模試を受けることで、入試への不安と緊張感はなくなり、志望校合格への自信となりました。入試では、それまで勉強してきた自分の実力を全部出せたことで「西高国際理学科合格」という大きな目標を達成することができました。高校合格はあくまでも通過点だと思っています。入学後もジェイでの経験を活かし、更に勉強に励んでいきたいです。

  • 姫路西高校 国際理学科合格 H・Sさん

     私がジェイに入塾したのは小6の冬からです。当時、Sクラスの下の方にいた私が西高に合格できたのは、ライバルの存在があったからだと思います。私は常に普段の確認テストや「公開実力判定テスト」の結果をライバルと競い合い、結果が出ては心の中で一喜一憂していました。自分より成績優秀なライバルが多く、「悔しい」を原動力に、毎時間の確認テストや宿題を丁寧に行うなど努力を重ねてきました。中2の夏、やっと上位に入れるようになりましたが、入塾当時から目標にしてきた「教室で1番になること」は最後まで達成できませんでした。しかし、自分より優秀な人がいたことが、大きな励みになったと思っています。「努力は必ず報われる」と、両親から常に言われ、合格した瞬間、その言葉の本当の意味を理解することができました。3年間車で送り迎えをし、全ての教科を受講させてくれた両親、いつも自習室で勉強していた私に声をかけ、励ましてくれた先生方、また良き仲間・ライバルでもあった友人、その全てに感謝しています。ありがとうございました。

  • 姫路西高校合格 I・M君

     僕は小4の時にジェイに入塾しました。小学生の時は授業に通うのがとても楽しかったことを覚えています。中学生になると、テストの回数が増え、成績の順位をライバルと競い合ったり、授業数も多くなり、とても忙しくなりました。また、中学に入ると部活に入部したので、勉強との両立も大変になってきました。そんな中でも僕が姫路西高をめざすことができたのは、ライバルの存在があったからだと思います。中3の春合宿や夏合宿では、成績の順位が近い人が周りに座り、そこでライバルをより強く意識でき、競い合うことで、とても刺激になり、モチベーションを高めることができました。学校でもジェイでもライバルの存在があったので、姫路西高合格へ繋がったと思います。9月から始まった「志望校別特訓」では、同じ高校をめざすライバル同士がいる環境で勉強することで、さらに受験勉強の意欲を高めてくれました。僕はジェイで勉強できて本当によかったです。これからの高校生活も楽しみながら、ジェイで学んだことを忘れず、頑張っていきたいと思います。今までありがとうございました。

  • 姫路西高校合格 S・Yさん

     私の受験生としてのスタートは、中3で参加した「春合宿」でした。そこでは成績順に座席が決められていたので、今の自分の位置も分かり、また今まで公開テストの上位者一覧で目にしていた名前の人が近くで勉強している姿を見て、私も受験勉強へ本格的に気持ちを切り替えることができました。春合宿では、「ライバル」の存在を意識し始めることもでき、夜の自習では、ライバルに負けたくないという一心で必死に勉強しました。結果、翌日の「多量速解テスト」では満点を取ることができ、努力の成果が発揮できたことで、大きな自信となりました。また、2学期から始まった「志望校別特訓」や「正月猛特訓」では、過去の入試問題を解いたり、勉強のコツを教えていただきました。過去問題は難度が高く、解くのは大変でしたが、ジェイの先生方が丁寧に分かりやすく教えてくださり、理解することができました。多くの難問に取り組んだことで、しっかり実力をつけることができました。ジェイでは高校入試に必要な勉強だけでなく、色々なことを教えていただきました。高校生になってもジェイで学んだことを忘れず頑張ります。

  • 姫路西高校合格 O・Mさん

     私が第一志望校を決めたのは中1の時でした。その頃は授業内容もあまり難しくなく、ジェイでの授業が楽しみでした。また、テストの点数も良く、成績順位も保つことができていました。しかし、中2になり、部活動に熱中しているうちに、勉強は後回しになってしまいました。中3になり、ジェイの春合宿ID番号が悪かったことで、「このままではいけない」と焦りを感じ、そこから受験勉強に真剣に取り組むようになりました。その結果、夏合宿に参加した時は、春より座席もID番号の順位も上がっていたのがとても嬉しかったです。正月猛特訓では、皆が解けている問題がなかなか解けず、12月と1月の公開実力判定テストの結果も悪く落ち込んだ時もあり、志望校を下げることも考えたのですが、ジェイの先生に相談すると「内申点や今までのテストから考えて、志望校は変えなくても大丈夫」とアドバイスをいただきました。そこからは志望校は変えず、どんな問題も全力で取り組むことを心掛けました。それが志望校合格へ繋がったと思います。ジェイの先生方、良きライバル、両親、支えてくださった周りの人たちに感謝し、これからも頑張っていきます。ありがとうございました。

  • 姫路西高校合格 T・S君

     僕の受験勉強への姿勢を変えてくれたのは、ジェイで学んだノートの取り方でした。中1の頃、西高へ行きたいと目標はありましたが、そのために何をどう勉強すれば良いのか分かりませんでした。中2になると成績が下がり始め、西高合格への目標も一度は諦めかけていました。そんな僕が変わったのは、中3の春休みに家で間違った問題を徹底してノートにまとめたことがきっかけです。学校の成績は伸び始めましたが、ジェイの成績は伸び悩んだままでした。それから、ジェイの先生との懇談で、西高に合格した先輩のノートを見せていただき、今の僕にできていなかったことが、先輩のノートを見ると明白で、そこで僕の意識が変わりました。それから毎日、間違った問題の解説もしっかり読み、理解できないことは調べてノートにまとめました。解き直しを何度も行った結果、2学期からの成績が伸び始めました。これから受験勉強を始める皆さん、思うように成績が伸びずに悩むこともあるかもしれません。その時に、思い切って勉強の方法を変えてみてください。きっと何か自分の中で変化が起きると思います。どんなに成績が伸びなくても諦めず、自分の信じた道を進んでください。最後に3年間ジェイに通わせてくれた両親、支えてくれたジェイの先生方、本当にありがとうございました。

  • 姫路東高校 推薦入試合格 K・Mさん

     私が初めてジェイの公開テストを受けた時、数学は平均点も取れず、他の教科もあまり良くありませんでした。ところがそのテストで90点以上を取れている同級生が大勢いることを知り、「レベルが違うんだな、私には絶対成し遂げられない結果だ」と諦めていました。しかし、ジェイの夏期講習会で、初めから諦めていては合格できないことを学び、そこから受験生としての自覚を持つことができました。勉強に対する姿勢を変えてからのテストでは、徐々に偏差値が上がり始めました。また、正月猛特訓では、それまでこんなに長時間勉強したことがなかった私にとっては辛い時間になると思っていましたが、思うほど辛く感じることはなく、反対にそこで勉強の耐性がつき、その後の受験勉強も苦ではなくなりました。ただ長時間勉強するのではなく、推薦対策用のノートに必要なことをまとめたり、授業を受けてない教科の資料を切り取って貼ったり、他の資料からの情報をつけ足したりなど、勉強のコツも教えていただきました。私は推薦入試に合格し、改めて努力してよかったと心から思っています。弱い自分に勝てたのは、私だけの力ではないと思います。受験まで支えてくださった、周りの方に感謝します。

  • 姫路東高校 推薦入試合格 H・T君

     僕は小4の夏期講習からジェイに通っていましたが、中3の始めまで、自分が受験生だという自覚が薄く、あまり受験に対する焦りを感じていませんでした。しかし、ジェイの夏合宿に参加し、同じ志望校をめざすライバルが自分の何倍も頑張っている姿を目の当たりにすることで、気持ちが切り変わり勉強への意識が高まりました。僕は英語に苦手意識を持っていました。しかし、ジェイの先生からアドバイスをいただき、間違えた問題を理解できるまで何度も解くこと、また単語の意味を調べてそれを理解し暗記することを繰り返し、苦手を克服していきました。また、「正月猛特訓」では自分の苦手な教科だけを繰り返し勉強しました。とても辛い4日間でしたが、難問を解くときのコツを教えていただくなど、とても充実していて自分の力になったと思います。受験を終えて改めて感じることは、周りの支えがなかったら、僕だけの力では志望校に合格することができなかったということです。高校に入学しても感謝の気持ちを忘れず、頑張っていきたいと思います。今までありがとうございました。

  • 姫路東高校 推薦入試合格 S・K君

     僕は中1でジェイに入塾しましたが、もともと姫路東高推薦入試に合格できる実力はありませんでした。中3になって、「このままではいけない、もっと勉強を頑張ろう!」と受験に向けて気持ちを入れ替え、ジェイの自習室へ通い始め、分からない問題は先生に積極的に質問するようにしました。しかし、ジェイの「公開実力判定テスト」や学校の成績はなかなか思うように上がらず、その成績を見て、志望校を一度、諦めかけたこともありました。挫けそうな想いの中、先生は僕を励まし続けてくださり、僕ももう一度志望校合格に向けて、頑張る決意をしました。 12月上旬にはこれまでの努力の成果が成績に現れるようになりました。そして、「志望校別特訓」などで学んだこと、今まで努力してきたことを自信に変えて、東高推薦入試に挑みました。入試では少しも緊張することなくテストと面接を受け、全力を出し切ることができました。合格発表までの時間は全体が緊張感に包まれ、僕もドキドキして発表を待ちました。自分の番号を見つけたときは、友達と抱き合って喜びました。ジェイで身につけた力を高校で存分に発揮していき、次は大学に向かって頑張ります。

  • 姫路東高校合格 M・K君

     僕は、小6の夏期講習会からジェイに通い始めました。そのときのジェイの授業でまずノートへの板書写しや、効率よく行う勉強の仕方を正しく教わりました。中3になって夏合宿で受けたテストは自分の思うような点数がとれませんでした。その後の公開テストでもさらに点数が下がり、「中3でこの点数はマズイ」と思い、改めてジェイの先生方に効率のよい勉強方法を教わりました。それから毎日のように自習室を利用し、全国の入試過去問題をひたすら解き、友達とも切磋琢磨して、分からないところがあればすぐにジェイの先生方に質問しました。また、ジェイの授業ではただ答えを出すだけではなく「この問題はこのように解く」という「要点」を教えてくださり、今回の入試でもそれが役に立ち、スムーズに問題を解くことができました。 合格発表の当日、それほど緊張はしませんでしたが、その理由は「自信」があったからです。自分の番号を見つけ、封筒の中を見ると「合格」の文字がありました。これまでの周りの人の協力と、ジェイの先生方のサポートがあったからこそ東高合格を掴み取れたのだと思います。本当にありがとうございました。高校部でもよろしくお願いします。

  • 姫路東高校合格 T・S君

     僕は、小学6年生からジェイに入りました。最初は周りについていくので精一杯で、自主勉強は全くしていませんでしたが、中3の夏合宿で成績順に座席が並べられるようになったことで、受験への危機感を持ち、そのことが勉強への意識を変えるきっかけになりました。夏合宿は1日中勉強ばかりで精神的にも肉体的にも自分の限界を知ることができる、いい経験になりました。夏合宿が終わってからテストが近くないときでも自習室を使ってコツコツ勉強するようになりました。毎月塾で行われる公開テストへの意識も変わり、受験への意識もさらに高まっていきました。正月猛特訓では、苦手科目の問題をほぼ一日中ひたすら解きました。苦手科目なだけに集中力もなかなか続かず、とても疲れました。そこから公立入試予想模試があり、入試を意識して受けることができ、本番でもあまり緊張せずに入試を受けることができました。最後の一週間は精神的にとてもつらかったのですが、ジェイの先生がしっかり話を聞いてくださったので、本番までモチベーションを保つことができ、悔いの残らない結果となりました。

  • 姫路東高校合格 K・Kさん

     私がジェイに通い始めたのは中2の春期講習会からです。学校のテストで少しずつ成績が伸び悩むようになっていき、講習会への参加を決めました。講習会では先生方に質問すると理解できるまで何度も教えてくださり、そこで入塾を決めました。入塾してからは、確認テストや宿題をこなすことで、少しずつ力がついてきました。確認テストで合格できず、苦労したこともありましたが、できるようになったときの喜びは大きかったです。私はとても数学が苦手だったので、自宅でも授業で解いた問題を繰り返し復習しました。また、私が一番心に残っているのは、合宿と正月猛特訓です。特に合宿の夜の自習は自分より上位の成績の人がなかなか部屋へ戻らず、自分も頑張らないといけないと気持ちを高めることができました。私はなかなか志望校を決めることができず、周りの友達と比べて遅かったにも関わらず、合格できたのはジェイのおかげだと思います。受験への不安で気持ちが落ち込んでいるときも、しっかりサポートしてくださいました。的確なアドバイスや、とても勉強しやすい環境を作ってくださってありがとうございます。

  • 龍野高校 総合自然科学科合格 A・R君

     僕は小6の冬期講習会からジェイに入塾しました。中1の時は、部活と勉強の両立が難しく、授業は数学しか受けることができませんでした。しかし、英語の成績が下がり始めたことをきっかけに、英語の授業も通い始め、そこで基礎ができていなければ応用も解けないことを実感しました。授業後は分からない問題を先生に質問するなど努力を重ね、苦手な教科を克服していきました。僕が龍野高校の受験を決めたのは、オープンハイスクールに行ったときです。志望校が決まってからは、「夏合宿」や「志望校別特訓」を受けることで、勉強に対しての意識が変わっていきました。「正月猛特訓」では、奮闘しながらも英語と数学の「最後の追い込み」ができたことは入試にとてもプラスになったと思います。ジェイで3年間楽しく学べ、一緒に頑張れる仲間がいたから受験を乗り切ることができ、合格できたと思います。僕を支えてくれた両親や先生、仲間に本当に感謝しています。

  • 龍野高校 総合自然科学科合格 F・Y君

     ジェイに入ったばかりの頃は、学校とジェイとの授業進度の差が大きく、とても驚きました。初めは全くついていくことができませんでしたが、ジェイの丁寧な授業とポイントを絞ったテキストで、少しずつ理解し、追いつくことができました。また、所属校の先生方にはいつも声をかけていただき、定期的に細やかな面談もあり、進路に関する相談や指導を受けることができました。特に印象に残っているジェイでの行事は、中3の「正月猛特訓」です。4日間で今までに勉強したことのない学習量のカリキュラムをこなしました。ジェイでは、正月を最終の弱点克服のチャンスとして一人ひとりの志望校にあったカリキュラムが組まれ、「この問題集を解けば合格できる!」とアドバイスももらいました。入試前には、受験教科の3教科に重点を置いて勉強をしました。難しい問題ばかりでしたが、一生懸命考えて問題を解くようにし、分からない問題があれば、すぐに先生に質問をして解決しました。そのおかげで、入試当日に解いた問題は、普段演習で解いている問題より簡単に感じ、スラスラと解くことができました。入試を迎えるまでは不安もあったけれど、志望校に合格できて本当に良かったです。

  • 龍野高校合格 Y・Mさん

     私は、ジェイに入塾するまで、ハードな練習を行う部活動に所属していたので、勉強する時間があまりとれず塾にも通っていませんでした。しかし、周りの友達が受験勉強に向けて塾に通い始めていたり、両親からの薦めもあったことがきっかけになりジェイに入塾しました。ジェイの授業を受け始めると、周りが私には解けなかった問題を解いていたり、テストで良い点数を取れていたことを知り、初めて焦りを感じました。私は数学と理科がとても苦手でしたが、ジェイで勉強を始めてから、暗記の方法や問題を解くための手順などを分かりやすく教えていただき、まだ得意とまでは言えませんが、できるようになりました。国語では、自分の感覚だけで解いてしまっていましたが、教科書に書いてある根拠の部分に線を引き、正解に導くことが大切だと教わってから、私は国語の問題を解くことが好きになりました。ジェイに通っていなければ、勉強の方法も自己流のままで、受験勉強は乗り切れなかったと思います。また、ライバルの存在も私に勉強する気持ちを引き上げてくれたので、最後まで頑張ることができました。高校に入学しても頑張ります。ありがとうございました。

  • 龍野高校合格 F・T君

     高校受験までに、色々な出来事がありました。僕は、中1の時に国語と社会が苦手で、全然点数を取ることができませんでした。しかし、重要なポイントを理解していくうちに、どんどん点数が伸びていきました。中2になると、5教科ともまんべんなく点数を取ることができました。その時僕は「勉強しなくても点数は取れる」と思ってしまい、少し油断をしてしまいました。そして、中3になると、数学では二次関数や三平方の定理、社会では公民が入り、新しいことを覚える代わりに今まで覚えてきたことを忘れてしまい、さらに成績が伸び悩んでしまいました。「この時期にちゃんと勉強していれば、成績を維持することができたのに」と今では後悔しています。また、僕は2学期は学級委員としても活動し、中学最後の行事を盛り上げるために一生懸命頑張りました。勉強に専念することができず、その結果、成績・内申点ともに下がってしまいました。その時にやっと勉強の積み重ねの大切さを学び、受験までの残り3ヶ月は、本気で勉強と向き合いました。そして受験当日、緊張しながら受けたテストでしたが、特に、国語に関しては学校の最後のテストよりも良い成績でした。これから受験を受ける皆さん、「自分は勉強できる」と思っていても、最後まで気を抜かず勉強することが大切です。

  • 龍野高校合格 O・Mさん

     私は、学年が上がる毎に成績が伸び悩み、受験に対する不安もあったため、ジェイへの入塾を決めました。初めはとても緊張し、自分が想像しているよりも授業のペースが速く、入試まで頑張れるのかと不安でした。しかし、ジェイの先生方の授業は本当に面白く、自分だけではできなかった勉強方法を学べ、新しいことを覚えるのが楽しみになりました。今だから言えることですが、中3になるまでは、毎日きっちり勉強をする習慣がついていませんでした。テスト1週間前に必死に勉強するぐらいだったので、テスト当日は、いつも「もっと復習しておけばよかった」と後悔の繰り返しでした。でも、ジェイで勉強の方法を学び、少しずつ勉強の習慣が身についてきました。その結果、志望校へ合格することができたと思います。私がジェイで学んだことは一つです。それは「諦めずに続けること」です。継続することはとても難しいことですが、これが受験において一番大切なことだと思います。皆さんも最後まで諦めず、志望校合格に向けて頑張ってください。

  • 姫路飾西高校 サイエンスコース合格* S・Sさん

     私は、ジェイに小学4年生の春期講習会から入りました。ジェイに入塾したのは、友人の誘いがあったからです。最初は特に受験勉強のことも考えず、「楽しそうな塾」という感覚で入りました。中学に入ってからの3年間は、塾と学校の課題が重なり、とてもしんどかったです。テスト勉強の仕方も分からないまま、適当に済ませていた部分もありました。その結果、3年生の1学期にめざしていた高校の合格は難しい、と言われてしまいました。その後、どの高校を受験するかとても悩みました。そして、2学期の三者面談で、先生に姫路飾西高校の「サイエンスサーベイコース」を薦められ、受験することにしました。受験間近になると、とにかくしんどく、正月猛特訓では心が折れそうになりました。しかし、ジェイの先生方の温かいバックアップのおかげで、合格することができました。今、合格したという実感は、あまりないのですが、受験のために努力したことは必ず身についていると思います。これからの高校生活では、ジェイで学んできたことを思い出しながら頑張っていきたいと思います。今までありがとうございました。(*サイエンスサーベイコース合格)

  • 姫路飾西高校 グローバルコース合格* U・Mさん

     私は英語が得意で好きだったので、飾西高のグローバル科に行くことを決めました。 英語の受験勉強で特に頑張ったのは、長文・並び替え・リスニングなど、パターンの決まっている問題をたくさん解くことに力を入れて勉強していました。  私はジェイに入るまでは勉強に対して真剣に取り組むことがありませんでした。しかし、入塾後はジェイの先生方の熱心な指導を受けていると、とても刺激になり、勉強への姿勢が変わりました。成績が思うように伸びないときは励まし、時には喝を入れてくださり、先生の「絶対合格するぞ」の気持ちについていき、合格できました。ジェイの周りはレベルが高く、それも勉強への良い刺激になりました。  私が合格できたのは、自分の努力だけでなく、ジェイの先生方や友達、親のおかげです。たくさんの知識やアドバイスをしてくだっさった先生方には感謝の言葉しか思いつきません。本当にありがとうございました。(*グローバルコミュニケーションコース合格)

  • 姫路飾西高校合格 M・D君

     僕が姫路飾西高を受験しようと思った理由は、先生方のフォローが手厚く、周りの環境が良いと聞いたからです。僕がこの高校を本当の第一志望校として決心を固めたのは、受験間近でした。それまでは別の高校を志望していましたが、今となっては姫路飾西高の方が色々と縁があったと感じています。だから決して志望校を変えたことに心残りはありません。しかし、中3生の1年間を通して1つだけ心残りなことがあります。それは、僕は中1・中2、そして中3の1学期までは、中学校校内のテストで比較的良い結果を残すことができていましたが、周りがそれまで部活動に注いでいた情熱を全て勉強に注ぎ出した中3の2学期からは、順位が自分の思うように上がらなくなってしまったことです。これから高校受験を控えている人、これから中学校に入学する人は、「自分が頑張ってる以上に周りも頑張っている」ということを意識して、最後の最後まで気を抜かず頑張っていって欲しいと思います。そうすることで、最後に「合格」という栄冠を手にすることができるのだと思います。

  • 市立姫路高校 探究科学コース合格 A・Rさん

     私は元々、数学が苦手で探究科学コースを受験することに対してとても不安がありました。しかし、自分の将来の夢のため、またその高校に対しての憧れも大きかった分、決して諦めませんでした。その気持ちを糧に中学校の先生やジェイの先生のサポートを受けながら自分が不得意とする数学を中心に頑張りました。また、面接に対しても、テレビのニュースや知人からの話にも以前より耳を傾け、言葉遣いや態度を改めていきました。普段の生活習慣を改善し、自分のことを相手に伝えるというのはとても難しく、悩んだ時期もありましたが、その反面楽しさもあり、良い機会だったと思います。そして、入試本番前、思わぬ体調不良でとても焦りを感じてしまいました。不安でしたが、周りの人たちに励まされ、なんとか受験に臨むことができました。学科試験・面接ともに緊張することなく挑むことができ、見事合格を手にすることができました。受験勉強を通して、中学校の先生やジェイの先生、家族、友達に感謝することができ、今となっては自分自身が成長する良い機会だったと思います。

  • 市立姫路高校合格 T・Y君

     僕は、ジェイ教育セミナーに中学2年生の3月に入塾しました。初めは学習の仕方から分かっていませんでしたが、毎回授業の最初に行われる「確認テスト」によって、復習の大切さを知ることができ、僕は、確認テストで躓いた問題は、その日のうちに克服することを心がけました。また、毎月1回ある「公開実力判定テスト」では、単元別に自分の苦手なところを知ることができたので、受験勉強に役立てることができたと思います。しかし、今になって後悔していることも2つあります。1つ目は、自主勉強のために自習室をもっと活用しておくべきだったということです。2つ目は中学校の定期テストなどで、賢い人はみんな口を揃えて学校のワークを何回も解くと言っていたので、僕ももっと解いておくべきだったということです。ジェイでは、「夏合宿」や「正月猛特訓」など、しんどいこともたくさんありましたが、その分楽しいこともありました。また、たくさんの友達とも出会えたので、ジェイに通って本当に良かったと思っています。ジェイの先生方、今まで本当にありがとうございました。

  • 市立姫路高校合格 K・Hさん

     私が中学校の学習で一番苦労したことは復習です。私は、分からなかった問題をそのままにしてしまい、分からないまま次の新しい単元に進んでしまうことがありました。そのせいか、定期テストでは点数がしっかり取れていても、実力テストになるといつも順位が伸び悩んでいました。そんな時、ジェイの「正月猛特訓」で自分の苦手科目を徹底的に勉強しました。毎日自分と同じ高校をめざすライバルの子たちが、一生懸命問題に取り組み、先生や友達に質問している姿を見て、「自分も頑張らないと」という気持ちになり、4日間必死で特訓についていきました。冬期講習会が終了した後も、正月猛特訓でのライバルたちの姿が目に焼きついており、それが自分のやる気に繋がっていて、モチベーションを保つことができました。また、ジェイでは宿題がとても多く、時間が足りない時は、間違えた問題の復習をつい後回しにしてしまうことがありました。しかし、コツコツ先生に聞いたり自分で考え直したりするうちに、成績が伸びるようになり、私は復習が一番大事だと気づきました。高校でも、ジェイで学んだ復習の大切さを忘れずに頑張りたいです。

  • 相生高校 自然科学コース合格 K・Hさん

     私は中1の3月、相生校が開校した時からジェイに通い始めました。ジェイに入る前は、勉強がとても苦手でした。しかし、ジェイに入ってからは、少しでも周りに置いて行かれないようにという気持ちが強くなり、苦手だった勉強も頑張ることができました。宿題を丁寧にするという基本的なことから始め、予習・復習は欠かすことなく行い、難しい問題にも少しずつ取り組んでいきました。ジェイでの丁寧で分かりやすい授業や、ライバルとの競争があったから、どんな問題にも臆することなく挑めたんだと思います。また、中3になってからは、平常授業に加え、「志望校別特訓」や「正月猛特訓」などの講座も始まり、入試に向けての指導もたくさん行ってくださいました。入試当日は、「これまでジェイで勉強をしてきたから大丈夫」という自信があったので、不安に思うことなく集中して問題を解いていき、その結果、目標としていた「相生高校自然科学コース」に合格することができました。ジェイで学んだ3年間はとても充実していました。この経験を忘れることなく、高校へ入っても頑張っていきたいと思います。今までありがとうございました。

  • 相生高校合格 I・D君

     僕は、小学6年生の夏期講習会からジェイに入りました。ジェイに入ったばかりの頃は全く知らない人ばかりで、ドキドキしながら授業を受けたことをよく覚えています。ジェイに入る前までは学校の宿題すらおろそかになりがちだった僕でしたが、ジェイでも毎回宿題が出されるので、きちんと宿題を行う習慣がついていくようになりました。時には忘れてしまうこともありましたが、ある時ジェイの先生に怒られたことをきっかけに、宿題を丁寧に取り組むようになりました。すると、苦手だった国語のテストで、いつもより良い点が取れるようになりました。少しの変化ですが、かなり嬉しかったです。このことにより、宿題をきちんとしたら実力がつくと分かったので、後輩の皆さんも宿題には丁寧に取り組んで欲しいと思います。 また、僕が一番辛かったことは、「正月猛特訓」です。朝9時~夜9時までの12時間、苦手科目ばかりを勉強しました。しかし、とても実力がついたので、参加して良かったと思います。ジェイに通っていた、3年半の間は辛かったことも多かったですが、結果として、とても楽しかったと思います。ありがとうございました。

  • 相生高校合格 W・R君

     今思えば、あっという間の中学3年間でした。小6でジェイに通い始めた頃は、自分の進路・進学先にまったく興味がありませんでしたが、僕にとってジェイは、自分の学力とその学力で進める高校、また一つ上の高校へ進むために必要なことなど、勉強への意識と意欲を高めてくれた場所です。僕は中1の頃は趣味である昆虫採りに熱中してしまい、テスト1週間前にもかかわらず、勉強に身が入らないこともありました。しかし受験学年になり、第一志望が難しいかもしれないと気付いてからは、趣味をなるべく控え、その分の時間を勉強時間に置き変えました。平日も夏休みもジェイの自習室に通い、時には息抜きもして勉強とのバランスを保つことで、僕は受験を乗りきれたと思います。この3年間はジェイの先生の指導を頼りに勉強してきました。勉強への環境を整えてくださり、集中させてくれました。苦しい時は励ましてくださり、最後まで応援してくださり、先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。


★これまでの高校合格体験記
TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TOP