高校合格体験記

2017年春 高校合格体験記

  • 姫路西高校 知の総合類型合格 T・Sさん

     西高特色選抜に合格して思い返すと、入試当日まで本当にたくさんの人に支えられた日々を過ごしてきたと思います。ジェイの先生は、普段の授業や特訓授業で、丁寧に指導してくださいました。入試までの2ヶ月間は、志望校を見据えて過去問や予想問題に挑戦しました。問題を解いていく中で、すぐに分からなかったり理解できない自分に苛立ちや焦りを感じることが何度もありましたが、ジェイでは分からない問題は、質問するとすぐに解決できる環境が整っています。私は理解できるまで先生に根気強く質問しました。分からない問題でも、まずはできる限り「自分で考えること」を大切にし続けたことで、入試当日は自信を持って臨めたと思います。また、ジェイでこなした問題量は他の誰よりも負けていないことに気づき、さらに自信に繋がりました。自分の目標を見失わず、努力を続けられる環境の中で過ごせたことが私にとって大きかったと思います。これからも目標に向かって努力を続けていきたいです。

  • 姫路西高校 知の総合類型合格 K・H君

     僕が西高に合格したのは、ジェイの先生方の存在が大きかったからだと思います。ジェイでは、理論や定義、性質など聞いただけで嫌になってくるような事柄を「なぜそうなるのか」という点に触れながら、しっかり理解し、記憶に残るように教えてもらえます。また、受験前に落ち込んだ時期にも励ましていただき、入試問題を解くにあたって、数学の時間配分、さらに解答の優先順位をつける方法など、教科の勉強内容以外のところでもサポートしてくださいました。ただ、ジェイの先生も素晴らしいと思いますが、自分が努力しなければ何も意味がありません。「教えてもらったことを最大限活かすことができるか」、これがキーポイントとなります。また、問題を解く際は解答用紙は必ず全て埋める必要があります。記述問題では、「分からないから何も書かない」のではなく、「分からないなりに何か書く」ことが大切です。そして、見直しも大切です。見直しをすることで、自分の答えに自信がついてきます。西高合格には、人並み以上の努力が必要です。後輩の皆さんも努力を続けていって、合格を勝ち取って欲しいと思います。

  • 姫路西高合格 O・K君

     努力は嘘をつかないということを、僕はみなさんに伝えたいと思います。国語が苦手だという人は多くいると思いますが、国語の問題を解くには才能が必要なのではありません。僕も国語が苦手でした。そして、国語の点数が取れないのは、才能が無いから仕方が無いと思っていました。しかし、ジェイの先生から「国語の答えは必ず文章の中にある」と聞き、文章を意識して読んでみることにしました。最初は、文章の内容を理解できなかったり、本当に文章中に答えはあるのかと疑っていました。しかし、毎日本当に少しずつでも意識して読むことで、着実に文章の内容がはっきりと分かるようになってきました。国語の才能が無いと諦めている人がいたら、「答えは必ず文章の中にある」という言葉を思い出してください。必ず解けるようになります。僕がジェイに通い始めた頃、僕は英語も国語もさっぱりで、この2教科が得意で点数を取っている人が羨ましく、また半分諦めてもいました。しかし、最終的には姫路西高に合格することができました。高校の勉強は、中学よりもより難しくなると思うので、気を引き締めて頑張っていこうと思います。

  • 姫路西高合格 H・D君

     僕がジェイに入ったのは小5のときです。最初は、宿題の多さや授業の長さに驚きましたが、それも徐々に慣れ、いつの間にかジェイに行くことがとても楽しみになっていました。ジェイの行事の中で、一番印象に残っていることは「夏合宿」です。夜中もずっと勉強して、とても苦しかったことを覚えています。しかし、この夏合宿のおかげで受験生としての意識が芽生え、入試に向けての気持ちを作ることができたと思います。そのまま、入試までモチベーションを保ったまま突破することができて、本当に良かったと思います。家ではあまりやる気が起こらず、勉強に取り組みにくかったので、入試前になるとジェイの自習室をフル活用しました。そのおかげで、だんだん実力をつけることができたので、自信も生まれ、入試本番はあまり緊張しませんでした。今までのジェイの取り組みのおかげで、僕はテストに対する自信をつけることができました。僕は中1から姫路西高をめざしていたので、合格が分かった時は本当に嬉しく、ほっとしました。最後に、みなさんにはそれぞれの志望校を、最後まで諦めずに頑張り、合格を勝ち取ってほしいです。

  • 姫路西高合格 A・Yさん

     私は中1の頃から、姫路西高に行きたいと思っていました。だから「その高校に行くために、中学校のテストで何位以内に入る!」という目標も立てやすく、それがやる気にも繋がっていたと思います。ジェイの毎回の授業は学校の予習も兼ねていたので、学校のテストを安心して受けることができました。私は理系科目が苦手でしたが、中3になって危機感を持って取り組むと、徐々に成績が上がって安定するようになりました。社会などの暗記科目は、とにかく覚えるために基礎として一問一答を完璧にすることが大切だと思いました。私はそこから実戦問題を解き、様々な問題に慣れることでさらに点数を伸ばすことができたと思います。また、得意科目を作ることも大切です。私の場合は国語でしたが、得意科目が一つでもあると、自分のモチベーションを保つことにも繋がります。毎月のジェイの公開テストでは、各教科の結果が一つの目安になったので、今後何を勉強すれば良いかのポイントが掴めました。これから受験を迎えるみなさんも、これらを上手く利用して、苦しい時期を乗り切ってほしいと思います。頑張ってください。

  • 姫路西高合格 F・Yさん

     私が受験を通して感じたのは、まず日々の授業が大切だということです。3年生になって、授業をしっかり聞いていると、テストの時に分からない問題にぶつかっても、頭の片隅にキーワードが残っていれば、答えに結びつくことがあるのを実感しました。そのため、まずは授業を真面目に聞くことが大切だと思います。私が一番辛かったのは、冬期講習会の時です。部活との両立が難しく、時間がいくらあっても足りませんでした。そのため、私は、英語の長文問題を2題ずつと、国語の問題を解いていくことを毎日欠かさず行いました。そうすることで、だんだんと成果が出始め、結果にも繋がってきました。結果が出ることで、さらにやる気が出てきました。計算は毎日100マス計算をして、速く解く練習をしました。ジェイの先生から「計算を速くすることによって、その分考える時間が増える」とアドバイスをいただいたからです。ただ、私が本格的に受験を意識して勉強したのは12月からでした。もっと早くから取り組んでおけばよかったとも、今となっては思います。また、内申点はとても重要です。後輩のみなさんも、最後まで気を緩めず、志望校に向かって頑張ってください。

  • 姫路東高校 推薦入試合格 K・Mさん

     私は中学1年生からジェイに通い始めました。ジェイや中学でのテストでは、負けず嫌いな性格もあり、必死で勉強しました。また、実力テストの対策は過去問を解きました。傾向が分かるだけでなく、解いたことによって安心してテストに臨むことができました。中3になると、周りの空気もガラリと変わり、成績が少し下がっただけでも「失敗した…」と落ち込むこともありましたが、そんな時支えてくれたのがジェイの先生や友人でした。周りからの励ましもあり、私は姫路東高を受ける決意ができたと思います。また、ジェイでは身近に同じ志望校をめざす仲間がいます。それだけでやる気も出るし、「受かりたい」という気持ちも強くなります。私は解くスピードが遅く、最後まで間に合わないことがあるということが問題点だったので、タイマーを使って自分のスピードを確認していきました。入試当日までは、ひたすら前進の日々でした。不安もあり、険しい道のりでしたが、できることは全てやって合格しようという一心で頑張りました。今まで努力して良かったです。

  • 姫路東高校 推薦入試合格 F・R君

     僕はジェイに入塾して以来、小学生の時から「やるべきことはやる」「物事に対してメリハリをつける」ことを学びました。最初は、自分から積極的に勉強に取り組む習慣がなかなかつきませんでしたが、ジェイの授業をしっかりと理解していれば、テストで良い点が取れることが分かってきたので、毎日の授業を大切にするようにしました。また、宿題は確実にこなし、間違えた問題はしっかりとやり直しをしました。この地道な積み重ねが、今の自分の財産になったと確信しています。中3になり、入試に向けた勉強が始まりました。入試対策は「過去問を解いてやり直す」の繰り返しに尽きると思います。特に数学はできるだけ多くの問題に触れることが大切です。ただ闇雲に問題を解くのではなく、考え方や解く過程を意識することが大切だと思います。色々な考え方に触れることで、問題を解くための武器を増やすことができます。分からない問題は、とことん先生に質問し、分かる問題を増やしていきましょう。大切なのは、入試本番までにどれだけのことを積み重ねられるかです。後輩の皆さんも、確固たる意志を持って頑張ってください。

  • 姫路東高校合格 I・Hさん

     ジェイに入塾するまで、姫路東高に合格するのは難しいと言われていました。しかし、どうしても姫路東高に行きたいと思っていました。私は数学が苦手だったので、何回も先生に質問に行きました。先生は、私が何回質問をしても、時間をかけて分かりやすく噛み砕いて説明してくださりました。そのおかげで、公開テストの点数が徐々に上がってきました。中3になると、学校のテストの順位もかなり上位を取ることができました。数学以外の教科も授業が面白く、予備知識や覚えていると入試で便利になることなど教えてもらったので、頭に残っていることが多かったと思います。私は入試直前で、心が折れそうになることが何回かありましたが、その度にジェイの先生が話を聞いてくださったり、自信を持ってと励ましてくださったので、本番はあれをやってない、もっとあの内容を読んでおけばなど思わず、集中して問題を解くことができました。時間配分も普段から意識して解くようにしていたので、足りなくなることはなく、どの問題から解くかも冷静に考えられたことが良かったと思います。合格できて本当に良かったです。

  • 姫路東高校合格 O・Yさん

     私の合格はジェイあってのものです。私が入塾したのは、小6の夏で、そこから約4年半ジェイの先生と共に学んできました。実際に入試を意識し始めたのは中2の夏頃でした。それまでのジェイでの積み重ねがあったため、行きたい高校を順調にめざすことができたと思います。私がジェイの取り組みで一番力がついたと思うものは「公開テスト」です。小学生の頃から、毎月受け続けていたことによって、テストを受けることに慣れ、テストに抵抗がありませんでした。入試の約1か月前に志望校を変更することになりましたが、今までの積み重ねがやる気や自信となって、入試当日も自分の今までの頑張りを出し切ることができました。ジェイには全身全霊で授業やテスト、定期考査対策や合宿に取り組んでくれる先生方と、志望校は違うもののやる気溢れる仲間がいます。ジェイは、勉強するには絶好の環境でした。私は、約4年半前ジェイに入塾させてくれ、ずっと支えてくれた両親にもとても感謝しています。ジェイでの日々は、私の宝物です。勉強も好きになり、本当に楽しかったです。本当にありがとうございました。

  • 姫路東高校合格 M・T君

     僕がジェイに入塾したのは、小6の夏期講習会のときでした。最初はAクラスだったので、なんとしてもSクラスに入りたいという思いがあり、一生懸命勉強に励みました。そのおかげでSクラスに入ることができましたが、入ってから勉強をサボるようになってしまいました。部活を言い訳にして、テスト前以外は勉強せず、公開テストの成績も気にせずに日々を過ごしていました。今思うと、公開テストの成績を見て、もう少し危機感を持っていたら、もっと楽に受験勉強ができていたと思います。しかし、部活の総体が終わって、ようやく自分の成績が大変な状態にあることに気づきました。そこで、僕はまずは苦手な教科を徹底的に復習することが先決だと考えました。自分の部屋のすぐ見えるところに、公開テストで取った悪い成績表を貼るようにしました。勉強のやる気が出ない時には、この成績表を見て自分を奮い立たせて勉強に取り組みました。12月に入ると、『全国高校入試問題正解』を解いては間違い直しをして、ミスを確実に潰していきました。途中で投げ出したくもなりましたが、地道に苦手を潰した結果が実り、姫路東高に合格できたと思います。

  • 姫路東高校合格 M・Rさん

     ジェイで勉強した日々を振り返ってみると、本当に先生方にはお世話になったなぁと改めて感じます。特に、数学で指導をたくさん受けました。私は、中1の途中から数学の授業でつまずいていました。そのままの状態で中2になり、ますます苦手意識も強くなり、学校の勉強についていくのも大変でした。中3になり、受験生になるのにも関わらず、まだ中1・2の数学が分かっておらず、大ピンチでした。しかし、そんなある日授業中にジェイの先生から「何ぼーっとしとるねん。分からんのやったら、早く言え」と言われました。その言葉で、私は目が覚めました。先生に数学のアドバイスやポイントなどを教えてもらい、数学から逃げずに頑張りました。部活でどんなに忙しいときでも、数学の基礎問題だけはコツコツ解いていくようにしました。そして中3の秋に、やっとそれまでの成果が出てきました。冬になる頃には、夏よりも数学の偏差値が10ほど上がっていました。この時私は、頑張れば頑張るほど、いつか成果は出てくるんだと感じました。高校では、部活と勉強を両立してジェイで頑張ってきたことを活かしていきたいです。ジェイの先生方、本当にありがとうございました。

  • 龍野高校 総合自然科学科合格 I・T君

     僕は中1からジェイに通い始めました。小学生の時とは違い、中学に入ると周りも必死で勉強を始めたため、初めの頃はあまり良い点数を取ることができませんでした。しかしジェイの授業を受けていくうちに、だんだんと点数が伸びていくのを実感できるようになりました。中2の終わり頃、部活動が忙しくなり、勉強との両立が上手くいかなくなってしまいました。そこで受験生になる中3の春、ジェイの「春合宿」に参加しました。この春合宿に参加して、受験生にとって大切なことや、ライバル達の勉強する雰囲気を肌で感じることができました。周りの雰囲気に圧倒され、僕も「もっと頑張らなければ」という気持ちになり、夜中の自習時間も自然と目が開き、手が動きました。すると点数も上がり、とても嬉しかったです。「これが本当の達成感なんだ」と思いました。その後も「志望校別特訓」や「正月猛特訓」で実力をさらに伸ばし、龍野高校推薦入試に合格することができました。ありがとうございました。

  • 龍野高校 総合自然科学科合格 N・K君

     この度、龍野高校の推薦入試に合格することができました。第一志望校に合格できたのは、自分にとってとても嬉しく、また信じられないことでもあります。今日、この喜びを得ることができたのは、普段からジェイに通い、毎日努力したからだと思います。例えば、数学の関数の問題など、自分にとって難しい問題は、必ずその日のうちに解けるようにしました。そのとき、分からないところはジェイの先生に質問するようにし、一つひとつ弱点を克服していきました。さらに、普段から授業後に残って、自力で解けなかった問題を見直したり、先生に質問したりして、解ける問題を徐々に増やしていきました。そのほかにも、中3の「夏合宿」や「志望校別特訓」「正月猛特訓」などで諦めずに努力した結果が、龍野高校合格に繋がったと思います。特に夏合宿では、午前3時まで自習に励んだことはとても印象深く、これは今も自信になっています。努力しても、なかなか成績向上に結びつかず、投げ出したくなることもありましたが、志望校を諦めなくて良かったです。これからも、ジェイで学んだことを忘れずに、これからの目標に向かっていきたいと思います。本当にありがとうございました。

  • 龍野高校合格 K・S君

     僕は、中1の春期講習会からジェイでの学習が始まりました。中学校のテスト前には、よくジェイの自習室を利用して、ワークを何度も解いたことを覚えています。ジェイに来て勉強を始めると、自然と学習時間が増え、それに比例して順位・成績が上がっていきました。中3の夏になると部活が終わり、ひたすら昨年の全国の入試問題を解いていきました。特に、暗記科目である社会と理科を徹底的に勉強しました。国語・数学・英語については、「志望校別特訓」で実力を伸ばしていくことができました。毎回の授業を一つひとつ集中して受けることで、毎月行われるジェイの公開テストでは、A判定が出るようになりました。「夏合宿」や「志望校別特訓」など、自分より上の実力の人と並んで勉強する機会があったことも、僕の実力を成長させてくれたのだと思います。その結果、龍野高校に合格することができました。ジェイに送り迎えをしてくれた家族や、分からないところを教えてくれた友達、そして何よりもジェイの先生方、本当にありがとうございました。ジェイに入って良かったです。

  • 龍野高校合格 N・Mさん

     この3年間を振り返ってみると、様々な出来事が浮かび上がってきます。講習会、春合宿、夏合宿、正月猛特訓など、ジェイには色々な行事がありました。その中でも最も印象的なのは、中3の冬期講習会でした。毎日、朝早くから自習室へ行き、授業が終わってからも自習し、ジェイ三昧の日々でした。この頃私はスランプに陥っており、先生には毎時間注意され、頭の中がパニック状態になっていました。「入試に向けて、このままの状態では崖っぷちだ」とひしひしと感じていました。問題を解いても、毎回間違えてしまうところもあり、全く成果が出ず苦しくてしょうがなかったです。しかし、ジェイの仲間や先生方がいつもサポートしてくださったおかげで、入試が終わるまで勉強し続けることができました。ジェイの先生方、最後まで叱咤激励してくださり、本当にありがとうございました。そして、「自習に行こう」と誘ってくれたり、落ち込んだときにエールを送ってくれたジェイで共に学んだ仲間に、ありがとうと言いたいです。この3年間で出会った人との思い出は全て宝物です。高校ではこの経験を心刻み、新たな道に進んでいきます。今までありがとうございました。

  • 龍野高校合格 T・K君

     僕は、小5のときにジェイに入塾しました。小学生の頃は勉強についていけていましたが、中学生になると小学校の勉強とはレベルが違い、一気に難しくなりました。徐々に苦手科目も増え、中3にもなるとますます難しくなり、分からない問題もたくさん増えていきました。しかし、そんな時は、いつもジェイで友達に聞いたり、先生に教えてもらったりしました。ジェイで一番しんどかったことは、「正月猛特訓」です。正月は、本当に朝から晩までずっと勉強をしていました。今まで、こんなに長い時間勉強をしたことがなかったので、本当にしんどかったです。何度もくじけそうになりましたが、その度に周りで頑張る友達を見て、なんとかやり遂げました。そのおかげで、この正月猛特訓で苦手な科目を克服できたと思っています。高校では、中学では両立できていなかった部活と勉強を上手くやっていきたいです。隙間の時間を上手に使って勉強していこうと思います。僕が第一志望の龍野高校に合格できたのは、ジェイの先生達と友達のおかげです。高校に行っても、ジェイで学んだことを忘れずに頑張ります。本当にありがとうございました。

  • 市立姫路高校合格 W・Iさん

     私がジェイに入って良かったことは主に2つあります。1つは、断然授業量が多いため、ジェイ以外の人よりもたくさん勉強したという自信がついたことです。特にそう実感したのは、受験の直前でした。たくさんのジェイの授業と行事をこなしたおかげで、「私は、今までこれだけ頑張ってきたんだぞ!」と思えるようになっていました。このような自信が、高校合格に繋がったのではないかと、改めて受験が終わった今、実感しています。2つ目は、ジェイの先生が徹底的に教えてくれたことです。分からない問題があれば、分かるまで付き合ってくれて、本当に助かりました。特に私は理系科目が本当に苦手だったので、とことん教え込んでもらいました。ジェイの先生の支えが、私にとって大きな力になったなと思います。また、私の学年はジェイに自習をしに来ている人がたくさんいたので、モチベーションを保つこともできたと思います。ジェイに来て、時には友達と励ましあったり、先生に助けてもらったりして辛い時期を乗り越えました。これから受験を控えている人たちも、ジェイに入って良かったと思えるように頑張ってください。

  • 市立姫路高校合格 K・Hさん

     私が中学校の学習で一番苦労したことは復習です。私は、分からなかった問題をそのままにしてしまい、分からないまま次の新しい単元に進んでしまうことがありました。そのせいか、定期テストでは点数がしっかり取れていても、実力テストになるといつも順位が伸び悩んでいました。そんな時、ジェイの「正月猛特訓」で自分の苦手科目を徹底的に勉強しました。毎日自分と同じ高校をめざすライバルの子たちが、一生懸命問題に取り組み、先生や友達に質問している姿を見て、「自分も頑張らないと」という気持ちになり、4日間必死で特訓についていきました。冬期講習会が終了した後も、正月猛特訓でのライバルたちの姿が目に焼きついており、それが自分のやる気に繋がっていて、モチベーションを保つことができました。また、ジェイでは宿題がとても多く、時間が足りない時は、間違えた問題の復習をつい後回しにしてしまうことがありました。しかし、コツコツ先生に聞いたり自分で考え直したりするうちに、成績が伸びるようになり、私は復習が一番大事だと気づきました。高校でも、ジェイで学んだ復習の大切さを忘れずに頑張りたいです。

  • 姫路飾西高校 サイエンスサーベイコース合格 M・Sさん

     私は、受験勉強を始める時期が遅く、夏休みに入ってから、やっと毎日一生懸命勉強するようになりました。ジェイの先生方はいつも熱心に教えてくださり、アドバイスもたくさんいただきました。また、自習室では、友達と切磋琢磨することで、やる気も起こり、それが志望校合格に繋がったと思います。今回私は、推薦入試で志望校に合格することができましたが、理系のコースなので高校に入ってからついていけるかどうか少し不安もあります。ジェイの先生方や先輩が仰っていたように、まずは高校での最初の勉強をしっかりして、基礎を固めないといけないなと思います。高校受験で勉強の大変さを学んだので、高校では予習・復習をしっかりして自分の行きたい大学に進み、将来の夢に向かって頑張っていこうと思います。高校に合格しましたが、これからが本当のスタートであり、メリハリをつけて行動していかなければいけないと思います。友達と遊んだり、部活を頑張ったりすることはもちろんのこと、勉強も上手く両立させていきたいです。高校でも、傍で支えてくれる人を大切にし、楽しい高校生活を送ろうと思います。

  • 姫路飾西高校合格 S・Tさん

     僕は、小5のときからジェイに通っています。最初は、しんどいことや苦しいこともたくさんあり、「やめたいな」と思うこともありました。それでも「続けることが大切だ」と思い、今まで頑張ってきました。小5の頃は思ったように成績が伸びませんでしたが、学年が上がるにつれて少しずつ成績も上がり、中学校に入学する頃には上位に食い込むようになってきました。しかし、僕はそこで気を抜いてしまい、中2になって成績が急激に下がってしまいました。これでは駄目だと感じ、中3になると勉強に対する取り組み方を変え、入試までになんとか元の成績に戻すことが出来ました。僕がこの5年間で学んだことは2つあります。1つ目は、どんな時も気を抜いてはいけないということです。2つ目は、何をするにも続けることが大切だということです。テストの点数はなんとか取り戻すことができましたが、通知表を挽回するのはかなり困難でした。僕の経験をふまえて、これから受験されるみなさんには、気を抜かずに、どんなしんどいことでも続けて欲しいと思います。

  • 相生高校 自然科学コース合格 I・K君

     僕は中学1年生の頃、成績があまり良くありませんでした。そこで、中2の11月からジェイに入塾し、高校合格へ向けて一生懸命頑張ってきました。そして中3の夏、相生高校自然科学コースのオープンハイスクールに参加したことで、「この高校に合格したい!」という想いがより一層強くなり、今まで以上に勉強に取り組みました。そんな中、入試直前の実力テストの結果が振るわず、僕はとても落ち込みました。どうやって挽回したら良いのか不安になりましたが、ジェイの先生や学校の先生、また両親や友人などたくさんの方の支えがあったので、気持ちを切り替えて最後まで頑張り抜くことができました。僕は自分が最後まで諦めず、努力を続けた結果が志望校合格に繋がったのだと思います。4月からは、憧れの相生高校で新たな気持ちで、夢に向かって頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

  • 相生高校合格 O・M君

     僕は、中2の冬からジェイに入塾して今まで頑張ってきました。ジェイでのたくさんの授業の中で特に役に立ったことは、入試前にたくさんの過去問を解いたことです。何度も過去問を解いていくうちに、やめたくなったり、嫌になったりすることもありました。しかし、少しずつですが、自分の実力が確実についてきたことを実感でき、最後まで諦めずに続けることができました。また、春合宿や夏合宿、正月猛特訓などのたくさんの行事や授業の中で、辛いことや落ち込むことがありましたが、その度に友達や先生に相談して頑張りました。そういう苦しい時期を乗り越えたからこそ、今があるんだなと思います。入試までとても長く、苦しい道のりでしたが、無事合格できて本当に良かったです。入試当日は緊張してしまい、残念ながらジェイで受けたときよりも点数を取ることはできませんでしたが、内申点が助けてくれました。ジェイの先生方から教えていただいた通り、内申点を取っておくことは本当に大切だと痛感しました。無事、第一志望校に合格できて本当に良かったです。高校に行っても頑張ります。今までありがとうございました。

TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TOP