小学部(小3~小6)


社会で通用する『実力』を、入試の変化に沿う『学力』を、新教育改革に向けた『思考力』を

激変の時代に突入しました。金融も経済も生活も自然も「大変化」を始めています。技術もAI、IoT、ブロックチェーンの各技術が急速に変わりながら進化を発展を始め、お金の決裁方法もあっという間に大変化です。今後、今までの「職業観」も大きく変わり、ロボット化、AI化される職業とともに新たな「職業」が次々と生まれてくると言われています。今の子どもたちが大人になる頃は、仕事も生活もかなり様変わりすると予測されます。

当然、世の中の変化とともに、必要とされる人の能力や知識も変わっていきます。例えば、彼らが大人になり、社会人としてこの社会を作る側、守る側に立つとき、いたるところにAIが組み込まれていると考えられます。その時、人間が担う役割は「課題を見つけ課題を提起すること」となります(AIは「課題」を実現するための最短コースを探るのが役目です)。将来を見据え、悩み考え思考錯誤するのは人間の役割であり、人間しかできません。少子化も大きく進み、ロボットの導入は不可避です。だからこそ、この先将来ビジョンを描き、どういう生活を実現させていくか、そのための仕事はどうするのかはこれからを担う子どもたちが考えなければなりません。それゆえ、既存の制度や仕組みにこだわらない社会人になってほしいと願っています。

ジェイでは、今回の教育改革に沿って2019年度より、入試の改革に合わせながら「新しい学習方法」を開始します。

ジェイ教育セミナー 塾長 福永 洋


ジェイ小学部 指導の特長

もっともっと上のことをもっともっと深く、できるところまで挑戦。
「到達目標の上限撤廃!」「好奇心全開!!」

ジェイでは「小学生から始める高校入試」をコンセプトに指導を行っています。小学校の内容は中学・高校の土台を成すものです。子どもたちの力を最大限に引き上げる『気づきの授業』と、豊富な知識やデータに基づく論理的思考で『努力を楽しむ授業』を行っています。「なぜ?どうして?」と物事を追求する力、知的好奇心を最大限に生かし、中学・高校でも通用する学習習慣を定着させ、安定した学力基盤を確立します。

授業のポイント

【各科目 NEW】 自立的学習時間を確保し、「思考力」を高める指導に力を入れます

★1科目65分授業で、よりエッセンス化した授業を実施
ジェイでは、授業内容の定着のため、小学生も必要に応じて授業終了後にフォロー時間を設けています。2019年度からは、その日の内容で分からないところはその日のうちに復習する時間を新たに設けます。また定着度の確認を行う「確認テスト」で合格できなかった場合も、この時間を利用して分からないところを残さないようにします。
※「確認テスト」は、小4~小6の算数と国語で交互に実施します。テスト時間の圧縮を図り、講義時間を増やすとともに、フォロー科目を厳選し集中して取り組めるようにします。小3生は週1回授業のため、毎回「確認テスト」を実施します。


「ビジュアル機器」を授業補助ツールとして導入、授業内容のイメージ化を促進

2018年度より「ビジュアル機器」を導入します。これまで通り、ジェイが重視してきた再現性のある板書授業やノート作りは残したままで、興味関心を引き出す画像や動画をホワイトボードに映し、マーカーで補足しながら解説することで、お子様のイメージ化を促し、より理解しやすくします。国語の「文章問題」や、英語の「オリジナル・サブノート」、理科の「実験」、社会の「地図」などを画像や動画の形で示しながら、より分かりやすい授業を行っていきます。

【各科目】ひと科目10分以内。ジェイオリジナル『くせづけ』で毎日勉強ぐせ

家庭学習として、ジェイオリジナルの『くせづけ』教材をお渡ししています。算数・国語は毎日、英語・理科・社会は週1回の課題をお配りします。算数では、計算を正しく行えるようにするためのトレーニングをはじめ、学校で学習する単元の練習問題のほか、ジェイでの先取り学習内容の解説と演習問題を掲載し、繰り返し学習が行えるようにしています。『くせづけ』教材は、書き込み式になっていますので、毎日教材を仕上げていく達成感を得ながら進めていくことができます。また、毎回授業時に提出していただき、講師がチェックします。ひと科目10分以内をコツコツ続けて、毎月1冊を仕上げていきます。

【英語】 小3から英語を開講。英語表現の引き出しを増やす

ジェイの英語授業では、中学内容に備え、アルファベットの発音・筆記から始め、英語の下地である「日本語と英語の語順の違い」「be動詞と一般動詞の区別」「基本英単語の習得」を小学生の間でめざします。また、「リスニング力」「スピーキング力」を鍛えるトレーニングにも取り組んでいます。音声教材も利用し、短時間で多くの英語に触れ、記憶の定着を促します。会話文を読み合わせ、パターンを習得し、一通り言えるようになったら、今度は自分のことに置き換えて話すほか、書く練習も行います。語彙やフレーズを自然と身につけられるよう、「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく指導していきます。


●「フォニックス」で発音練習

フォニックスとは、初めて見る単語でも、正しい発音で読めるようになる学習法。英語特有の発音と、文字と音の規則性を学ぶことで、正しい発音と読み書きができるようになります。舌・歯・口の位置や形を意識して、しっかり発音していきます。

●ジェイオリジナル『必須英単語1000』で英単語習得

小学英語という枠組みに捉われることなく、スパイラルに英単語学習を行います。「英語を聞いて日本語で意味が言える」初歩の段階から、「日本語を聞いて英語が言える」「英語を見て英語で読める」「英語を見て日本語で意味が書ける」の段階まで鍛えていきます。

【英語】 授業の冒頭15~25分は全て英語で授業。英語を身近な日常使いの言葉に

授業の冒頭に行う「宿題チェック」「基礎力トレーニング」「確認テスト」などを全て英語で行い、挨拶や指示、質問など英語の授業で使われる表現(クラスルーム・イングリッシュ)を自然に学べる環境を作ります。また、小5・6年は、外国(英語圏)の小学校教科書を使用して、英語で算数を学ぶことにも挑戦します。例えば「算数」では、同じフレーズが何度も繰り返されるため、無理なく英語表現の習得が可能です。科学や社会、文学など、様々な科目内容についても英語でチャレンジし、興味関心を広げます。

【算数】『算数 自由自在』で基本から発展内容を固め、中学入試問題レベルに挑戦

小3・4は『算数 自由自在 小学3・4年』を、小5・6は『算数 自由自在 小学高学年』を使用します。複数の学年範囲を、単元毎に配列していある教材ですので、上の学年の内容にもどんどん入っていくことができます。また、詳しく解説が掲載されており、自分で読んで理解することも可能です。さらに、『ジェイオリジナルテキスト』で中学入試レベルの問題に数多く触れ、知識を応用していく楽しさや、挑戦してみる楽しさを積み上げていきます。

【国語】中学・高校への土台づくり。「読解力」を身につける

ジェイでは「読解力」を「文章に書かれていることがらの論理の筋道を正しく把握し、それを自分自身の言葉で表現する力」だと考えています。中学卒業段階では、論理展開の流れを押さえながら、筆者の主張を正しく理解し、自分で咀嚼してまとめ直す力が求められます。そこでジェイの国語授業では有名私立中学・高校でも数多く使用されている『論理エンジン』をメインテキストとして使用し、文章の正しい理解を指導していきます。また、授業では言語形成期の小学生にとって必要な、豊かな言葉に多く触れる機会も設けています。全学年で漢字・語彙・読書教材を強化し、五感をフルに使って言語を獲得できるよう、「音読」「書写」「聴写」トレーニングを実施しています。

【国語】ジェイオリジナル『コトタン教材』でさらなる思考力アップへ

近年の高校・大学入試の大きな動きとして、教科の知識だけではなく「思考力」や「表現力」を重視する出題形式に変化しつつあります。このような入試の変化に対応するため、国語の授業内で言葉探究授業「コトタン」を実施し、文章表現をするにあたっての思考力・発想力、それらを駆使する表現力を楽しく培っていきます。「マインドマップ」を使って思考の輪を広げたり、「意見-理由 作文」「YES/NO(テンプレート)作文」を作成することで、短い言葉で論理的に表現する力を身につけています。また「言語のビジュアル化」「ビジュアルの言語化」などのトレーニングにも力を入れ、五感を使って楽しく言葉を学んでいきます。

【理科】『特進クラスの理科』を家庭学習用に導入。読んで予習する学習スタイルへ

理科は、生物・地学や天体・化学・物理といった幅広い分野を扱うため、覚えることが多くなる科目です。『特進クラスの理科』は、指導要領を超えた内容を扱っているだけでなく、分かりやすく単元毎に解説し、整理しているテキストです。それぞれのテーマについて「なぜそうなるのか」を理解していくことで、中学での学習内容につなげていくだけでなく、膨大な知識をしっかりと整理して、身につけられるよう指導します。

【理科】「授業」と「実験」で実感を持って楽しく学ぶ

「なぜ?どうして?」と物事を追究する力は、将来専門分野を学習する上で最も重要な力であり、早期に身につけておきたい力です。ジェイでは、月1回の「実験」で、「物事を観察する力」を養い、ビジュアル教材も駆使した授業により「物事の仕組みを理解する力」を無理なく楽しみ身につけるようにします。さらに、子どもたちの興味関心を引き出し、自分の目で見て、発見・納得できるよう身近な不思議を科学の力で解明する「理科実験」授業も開催しています。 科学の原理を追究する目を育て、楽しみながら答えを導き出す習慣を身につけます。



その他のジェイの取り組み

【NEW】 「図書コーナー(ジェイ文庫)」を新設。いつでも読書に没頭できる環境を整えます

2019年度、新たに全校に「ジェイ図書室・図書コーナー(ジェイ文庫)」を順次設け、いつでも自由に読書ができる空間を作っていきます。本の種類は最初は少ないかもしれませんが、徐々に増やしていき、図書の貸し出しも行うことができるようにしていく予定です。科目の内容に止まらず、伝記や事典、専門書など子どもたちの興味関心に可能な限り応えられるよう様々なジャンルの本を揃えていきます。


「自然体験」「農業体験」「理科実験」などを通じて、多様な『経験知』を増やします

ジェイでは2008年から「理科実験大会」「自然体験」「農業体験」を実施し、多くの小中学生にご参加いただいています。これからも生徒一人ひとりの興味関心に沿って、「とことんやってみる」「納得のいくまで味わってみる」「気が済むまで追究してみる」「とりあえず見てみる、聞いてみる、触ってみる、会ってみる、行ってみる、育ててみる、関わってみる等」の場を可能な限り提供していきます。あくまで主体・主役は生徒たち、講師・職員は、脇役・黒子に徹し、時には専門も招き、多様な経験の場を提供していきます。






指導内容

小学3年

学習することの楽しさを知り、継続することを身につけ、早期に基礎学力を養成する。週1回受講も可能。

算数 算数の土台となるかけ算の完成、わり算の基本理解を進めるとともに、様々な文章題の中で四則計算を適切に利用していく力をつけていきます。一般の「文章題」は、かけ算の計算を学んだあとは「かけ算を使う」、わり算の計算を学んだあとは「わり算を使う」といった、生徒が自分で数量関係を思考する部分が少ないものになりがちです。授業では言葉や表、図を使いこなし、文章のイメージを形にして答えを書き出すことで、解き方=計算の方法を発見する練習をしていきます。また、後半に扱われる「分数」は「量」を表すと同時に「割合」も表しています。わり算との関係の中からこの特徴を発展的に理解していきます。
国語 ある程度まとまった文章のストーリーを追うだけでなく、全体から部分までを正確に読み取り、筆者の主張の仕方をつかんでいけるよう、『論理エンジン』を用いて指導していきます。また、『コトタン(探究授業)』ではマインドマップを使ってのトレーニングや、文章から風景画へと転換するイメージ化トレーニングなどを通して、思考力・発想力・表現力の強化を図ります。
英語 ジェイの3年生の英語は、まずアルファベットに慣れることからスタートします。英語の学習の基礎である部分をただ書いて覚えるのではなく、ゲーム形式も取り入れながら楽しく学習していきます。またそれだけでなく、英語の単語・短い文に親しむことにも挑戦していきます。様々な場面設定から、普段自分たちが使っている言葉をどう英語で表現するかを楽しみながら学習していくなかで、英語に「慣れ」、ふと自然に日常で英語を使えるようにしていきます。
理科 学習する単元内容を図鑑や理科時点で調べたり、実際に実験をしながら学ぶ授業を進めていくことで、小3で学習するいろいろな現象を実感し、理科に対する興味を深めていきます。例えば、昆虫を学習する場合は、まずどんな昆虫がいるか図鑑で調べるところから始めます。さらに、図鑑の説明を読み、なぜ「卵」や「さなぎ」で冬越しするのか理由を考え、自ら調べ、考える姿勢を育んでいきます。
小学4年

次学年に繋がる算数と、論理を鍛える国語で、読み・書き・計算を磐石にする。英語・理科も加え、中学での学習の土台を作る。

算数 小4では、本来の目標である整数計算を完成させるとともに、角度や面積など「図形を定量的にとらえる」ことを学んでいきます。それらの学習の中で、より発展的な見方・考え方を身につけていくことができます。例えば、四則計算が完成すれば、いわゆる「特殊算」と呼ばれる文章題へ、角度であれば分度器を測るところから、単純な平行線との関係、長方形を折り返した角度を計算で求めるところへ、面積であれば正方形・長方形を組み合わせた形から、重なりのある図形の面積へと。授業では基本をしっかり練習し、筋道を立てて理解して、いろんな角度から考え、場合によっては自分の手・自分の力で図や表を書き出し、自分の目で正解を実感しながら解いていく練習をしていきます。そのトレーニングの中で本物の応用力を養っていきます。
国語 これまで漠然と読んでいた文章の論理構成に目を向けさせます。『論理エンジン』のテキストを使用して、主語・述語の関係など言葉と言葉の係り受けから、文と文とのつながり、さらには文章全体の要旨の把握まで、徐々に論理力を鍛えていきます。また、書写力や、講師が読み上げた文章を正しく書き取り、素早く正確に把握する聴写力の向上を図るほか、知識部分では、スパイラル学習による漢字・語彙力の拡充、読書量アップをめざします。さらに『コトタン(探究授業)』では、マインドマップを使ってのトレーニングや説明文作成等を通して、思考力・発想力・表現力の強化を図ります。
英語 英語圏で日常的によく使われる表現を聞いて理解し、実際に声に出して話せるようになることが目標です。場面を決め、まず基本となるフレーズを何度も口に出して定着を図ります。その後、様々な単語に触れ、基本のフレーズの一部を変化させ会話練習を行います。その中で自分の言いたいことを、どう表現したらよいかという気持ちが芽生えてきます。また、その気持ちを大切にし、自分の言いたいことも言えるようにサポートします。詰め込み式で教えるのではなく、アクティビティを駆使しながら楽しくインプットしていきます。
理科 「星の動き」や「電気のはたらき」などの現象から規則性を発見し、法則としてまとめる学習が始まります。特に、現象がわかりにくい物理・化学分野では実験を行うことで、学習する現象を目で見て確かめ、また発展的な内容を考察し理解を深めていきます。
小学5年

中学以降の学力を決める算数の重要単元や読解力・考察力を「論理的思考」で完全制覇。総合的な学力の養成を図る。

算数 小5では、「体積」「平均」「単位量あたり」「割合」といった単元が登場し、小学算数の最も大きなヤマを迎えます。数量関係の分野では、「量と量の『関係を表す値』」が主役になり、この基本となる関係を正しく理解することによって、さらに発展的な中学入試レベルの問題まで解ける力を養うことができます。また、数の計算についても「小数の乗除」「異分母の加減」など、計算トレーニングが欠かせなくなってきます。こうした学習内容の質・量の上昇によって、学習時間の確保が一層重要になり、より効率的な学習が必要になります。毎回の授業においては、質の高い教材を利用し、基本を固めながら図や表を活用して発展問題へと果敢にチャレンジしていきます。また、日々の「くせづけ」、毎回の「基礎直トレーニング」により、短時間に集中した学習を積み上げていきます。
国語 『論理エンジン』のテキストを用い、主語・述語・修飾・被修飾の関係など、文のつくりを理解しつつ読んでいく力をつけ、それを基盤に文と文、段落と段落の関係など、文章全体の筋道(論理のつながり)を把握できるよう読解力の強化を図ります。さらに、音読や聴写、スパイラル学習による漢字・語彙力の拡充、読書指導に加え、『コトタン(探究授業)』では、文章表現するにあたっての思考力・発想力、それらを駆使する表現力を培っていきます。
英語 目標は、英語圏の文化に触れることです。そのために、英語を公用語として用いている国々で使用されている教科書に触れながら、語彙力や表現力を向上させていきます。英語圏の小学生が実際に使用している教材を扱うことを通じ、これまで日本の学校で学習してきた考え方だけに拘らず、異文化の考え方や、問題解決のための手順に触れることにより、生徒の発想力の幅を広げることを意図した授業を行います。STUDIES IN ENGLISHとして、英語の数字を1,000の位まで覚えて、英語で算数の問題にチャレンジすることが最初の目標です。
理科 目に見える現象からそのしくみを考えていく理科へと変わる学年です。例えば、生物分野では本格的な仮説検証方法である「対照実験」を学習します。また、物理・化学・地学の各単元でも「グラフの読み取り」、「データの考察」など、科学的方法論の基本を一つひとつしっかりと指導します。

社会は、講習会授業で中学準備となる知識の定着を図ります。
小学6年

小学校での学習内容を総復習し、さらに+αへ取り組む。中学内容への橋渡しを早期に開始し、中学進学後トップを走る実力へ。

算数 算数総仕上げの学年で、割合の別表現である「比」や「比例」、「単位量あたり」の発展となる「速さ」など中学に引き継がれていく内容を多く含んでいます。基礎的な内容をしっかり理解させたうえで繰り返し学習によって複雑な問題にも取り組んでいけるよう指導します。また、年間を通して分数計算を中心に全範囲の計算力を鍛え上げます。さらに、難問についても、表・図・線分図などを駆使し、自らの力で解く達成感を持ってもらいながら「力」をつけていきます。
国語 『論理エンジン』のテキストを用い、一文の構造の理解を前提に、文脈や文章全体の論理の筋道、著者の主張を読み取ることを主眼に、文章理解の基礎力を鍛えます。また、文章理解の土台となる語彙量を増やすべく、スパイラル学習による漢字・語彙力の拡充や読書量の補充に重点を置いています。さらに音読や聴写に加え、『コトタン(探究授業)』を通じマインドマップ、短文記述、説明文作成、文章から風景画へと転換するイメージ化トレーニングにより、思考力・表現力・発想力の強化を図ります。
英語 中学校で本格的に英語を学習する前に、暗記するだけの受験英語とは少し違ったやり方で楽しく英語に触れていきます。細かな文法事項の教授だけではなく、英語で書かれた文章や実際に英語を使ってみることによって少しずつ英語の捉え方、考え方を伝授していきます。昨年度からの取り組みとして、小6英語の大きなテーマは「算数」です。英語で書かれた算数の問題を解きながらフレーズや使用されている語(句)について詳しく学び、自然と英語が身についていくように工夫しています。また、算数だけに捉われず、日本語と英語の違いや英語圏の文化にも触れることにより、視野を広げていくことも目標です。授業の冒頭は極力日本語を使わずに、英語で聞いて英語で理解できるようにしていきます。
理科 新学習指導要領でかなり難しくなった理科。ジェイでは、小6を中学内容のスタートと考え、中学理科でも学習する「植物・動物のつくりとはたらき」「地層」「力とばね」「てこ」「水溶液」などを丁寧に学習していきます。また、小5で導入された論理的な検証方法を発展させ、特に実験データやグラフの読み取り、それをもとにした比の計算など定量的な扱い、「進化」を軸にした生物の捉え方など、中学での学習に直結していくカリキュラムで基礎から応用まで対応できる実力を養成します。

社会は、講習会授業で中学準備となる知識の定着を図ります。

プログラミング授業(小3~小6) 公開テスト(小3~小6)


受講料は、こちらをご参照ください。

TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TELでのお問合せ本部事務局0120-5519-18 (日・祝も受付)
TOP